作り方で特性も異なるリーズナブルな繊維

男性作業員

繊維を使って作るものは洋服からバッグなどの装飾品まで多岐にわたります。ところが使うものや使用目的、さらに形などによっても、生地の適正は異なってきます。強くて丈夫と言うだけで生地を決めてしまっては、今度は見た目などのデザイン性が制限されてしまいます。機能性とデザインの両方を考えるなら、アレンジの幅が多彩ないろいろな生地を成形した作られる不織布を利用するのがおすすめです。不織布は繊維を織るのではなく、接着して一枚のシート状にした生地ですから、用いる繊維の種類も形状も比較的アレンジができます。例えば複数の生地を混ぜて成形することで、お互いの特性をうまく組み合わせて強度や保温性など多様な機能を持たせることができます。さらに、厚みも成型時に調節できるので、使い道が広いのも人気の理由です。大量生産が可能なので、値段を抑えることもできます。

使うシーンによって繊維を選ぶことがコツ

プラスチック

便利な不織布ですが、いろいろな繊維を使うことができるだけに、選べる幅は広いです。また、不織布に成形できる繊維はかなり多いので、便利な一面を生かしたい、いつもとは違う繊維を選びたいとなるのはわかります。デザイン性や風合いも大切ですが、一番に重要なのは使うシーンに合わせた繊維にするのを優先にすることです。例えば運動などのシーンで使う衣類なら、汗をかくので吸水性に優れたレーヨンなどはおすすめです。また、熱を使う場所で使用するなら耐熱性に富んだナイロンなどを用いるようにすると、安心して快適に使えます。使う場面を想定して繊維を選定してから不織布として利用すると、使い勝手とコストのどちらにも満足できる品ができます。

身近な存在で活躍しています

工場

不織布は今では私たちの日常生活に深く関係しているので、一般的な織物の生地と不織布とでわけて認識することは少ないかもしれません。ところが、実は応用も進んできて、多くの商品で身近な存在になって活躍しています。伝統的で不織布の始まりともいえるのがフェルト生地です。このほかに医療的な商品に向いており、おむつや生理用品、マスクなども成形した不織布です。また、打ち身などに貼るシップも加工した商品です。もともと不織布は織物の生地よりも引っ張ったり、伸縮させることに関しては弱いデメリットがあります。その部分をカバーする加工をすれば、いろいろなものに形を変えて役立っています。万能性が高い生地なので、利用できる可能性はまだまだあります。日本はもちろんですが、世界で利用されている人気の生地です。多様な使い方があるので、洋服だけに限らずに多くの分野で使われている、なくてはならない存在です。意外と知らないだけで、いまや欠かせない存在になっています。

広告募集中